contents
 
   
 

 

ハート・ヒーリング・セミナー in なす 

 

 

 

開催報告  

「ハート・ヒーリング・セミナー in なす」は、すっかり深い緑で覆われた那須の森の中のホテルで開催されました。梅雨の合間でしたが、2日目のお昼からは雨も止み、森の散策も楽しむことができました♪

 参加者は地元栃木県を始め、広く首都圏からも集っていただきました。 回を重ねるごとに大きなサポートをいただいてパワーアップしている本セミナーですが、今回も参加下さった方々は、ご自分の中に眠る熱い情熱を思い出し、それを外に発揮しつつ、ありのままの自分を認めて生きる覚悟を固めることができたようです。

 丁度、2日目の6月21日は夏至の日。セミナーが終了して、那須連山に続く深い森を見下ろして、風に吹かれていると、すっかり雲に覆われていた空がパァ〜ッと明るくなり、青空と太陽が顔を出しました。祝福をいただいた気分でした。地球と宇宙、そして人、すべてに深く感謝です♪

   

     
         
     
         

 

■ 志村則夫先生のお話

 「心身を刻々と変化させる、限界や制限のないエネルギー」が「いのち」です。この、自分のいのちのパワーを信頼してまかせることが大事です。 また、自分のことを自分で判断する力があれば、自分が怒っているとき、その怒っている自分を客観的に見ることができます。どんな自分も(善悪の判断なしに)ありのままに「認める」ことができます。

 それから、人間が笑うことなどで分泌されるベータ・エンドルフィン(通称ハピネスホルモン)は、文字通り、人間を幸せにして、免疫機能を高めますが、このホルモンの分泌も多くなりすぎると働きがなくなることなどから、何事も極端ではなく、「中庸」がいいということについて、皆で考えました。

 また2日目は、自分には大人の心(常識・規範)が強いのか、子どもの心(無邪気・正直)が強いのか、などをみるワークを行い、善悪ではなく、自分のありのままを客観的に見ることを実際にやってみました。

 

 

■ grace ayaさんのお話

 自分で自分がわかると、誰か他の人に「私のことわかって〜」と求めなくなります。また、そうすると、相手に対しても「あなたをわかりたい」という思いで対応することができます。自分をわかるとは、自分のありのままを認めること。思うようにできない自分、人にいい顔ができない自分、許せない自分、わからない自分etc.をそのままわかる、あるいは、わからないと思うだけでいい。自分が自分のありのままを認めるだけで、相手も認めてくれるようになります。

 また、人はなんでも体験、経験をしたくて生きています。「あぁ、私はこの経験をさせていただいている」と気づくと、もうそのことを手放すことができるようになります。

 今回ここに集った方々は皆さん、内側に大きな情熱を持っている人たちです。その情熱を外に出して生きるために、何が必要でしょうか。やりたいことを宣言してみてください。「〜〜をやりたい」ではなく「〜〜をやります!」と宣言したときから、現実が動き始めます。宣言してみてください。

 「なぜ、本当の自分になれないか」@「なろうとして着々と進めている」→「着々と進めなくていい」、A「タイミングを整えている」→「整えなくていい」 つまり、本当の自分になるのに、考えているとわからなくなります。B「本当の自分になるのはこわいからできない」→「こわがっている自分を認めてあげる」。できない自分もできる自分も、どんな自分も認め、「自分を信じる」ことが必要です。情熱を外に出して、本当の自分になって生きるとき、少しずつ少しずつステップを踏んでやっていくことで、自信もついてきます。

 

 

■ 藤原絹子のワーク

 1日目。本当の自分とつながり、自分の中の癒されない部分を、人生を遡って癒しました。自分が生まれたとき、父母や周りの人が誕生を喜んでくれたことを追体験しました。

 2日目。私達が実現したい現実(夢)の創造を妨げている不要なものを手放すため、私達のからだにある7つのエネルギーセンターのクリアリングと活性化を行いました。

 私達の心とカラダは密接な関係にあります。感情や心に注目するとともに、日々動いて私達を支えてくれているカラダ=肉体に感謝し、カラダが教えてくれていることにも目を向けましょう(簡単なチェック方法は、ポンポンとカラダを叩いてみて、痛いところがあったら、思いを向けてなぜ痛いのか感じてみる訓練をしましょう)。

 

 

   
       

 

藤原,藤原絹子,ゆら,yura,リトリート,ハートリトリート,由良,鶴岡,山形,ヒーリング,セミナー,東久留米,フジワラ,フジハラ,絹子,キヌコ,リラックス,ハートヒーリング

 

 

(c) 2008-2010 "yura heart retreat" All Rights Reserved.